彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
200510<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200512
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感覚で触れる世界
思いつきで喋っている
建設的に話せない人
ダメだったときのことを考えたりしない

家具を動かして お部屋の模様替え
とりあえず動かして
気に入らなかったらまた動かす
幅とか考えてないね
入らなかったらまた動かす
ここにこれを持ってきて
んーなんだかしっくりこないなぁ
で また動かす
時間がかかって仕方がないね

だからこの人の家具の配置にはこんなにもセンスがある
そうして作って崩して切って貼って
ずらして傾けて見せて隠して

だからこの人の書く曲はこんなにも魅力的なのか

この人のことは理屈に当てはめないで
もっとバランスで見なきゃいけない
感覚で触れる世界では この人は物凄くかっこいい人に違いないのだから
スポンサーサイト
フィル・イン・コネクション
あの人との会話が
ただただしんどいものになってしまった
どんな言葉で 何を言われても
ショックでしかない
そしてそれを会話だと結論づけたがる自分

わかっていたよ
自分のやることだもの
仕方ないと言い訳しながら
傷つけて楽しんだ

そんな関係になってしまった

なんてことしちゃったんだろう
という後悔
・・・まぁ後悔なんて言い出したら
それこそ初めからの後悔だなー

そんな関係になってしまったのも
かすかな期待をいつも持たせる
中途半端な関係に甘んじて
なにか思い切って結論をつけたがる
100%自分の責任だった
うわの空で話した夜に
タバコを吸った
ものすごい深く ゆっくり吸った

通話ボタン 押せない
まーただの友達なんだけど
久しぶりすぎて緊張する

「結婚おめでとう」

これだけ

これだけ伝えればいいんだよ

女性と話した90%はうわの空
そんなオイラでも 人に気持ちは伝えたい

今回の電話も
やっぱりうわの空になってしまういつものパターンでしたが
そんなオイラを見て
バカじゃないの?と笑って甘やかしてくれる人がいる

かわいい とは言われ慣れてしまったけれど
コンプレックスを見てもらうことは
なんともくすぐったくて気持ちがいい
笑って甘やかしてくれるなんて 尚のこと

オイラはその時
その人のために
隠さないことを決めた
告白
彼のこと考えるのはやめよう やめよう やめよう
と毎晩考えるアホな私

てゆーかー
終わる恋にいいも悪いもあるかよ
終わっただけの恋じゃねーか

そう考えた私は
次の日にアホの汚名を挽回しようと
高等技術を持って出た

あなたに好きな人がいるのは知ってるの
でも伝えなきゃノイローゼになるし
そっちの庭を荒らす気は無いから
今 告白している 今この瞬間だけ 私を見てほしい
私が一歩振り返ったら その次の瞬間はもう
あなたの好きなその人を見てほしい

私の用いた高等技術とは
思った言葉を素直に吐き出すという
位のひとつ高い 純粋でまっすぐな表現方法なんです
その瞬間 その瞬間だけ 彼と繋がることができたら
ただそれだけで

振り返った私の肩をぐいっと引っ張って
俺が好きなのは初めからお前なんだけど
と言った彼の方が告白という点では一枚上手で
私を殺す勢いで幸せをぶつけてきた

好きな人がいると聞いて
それでも彼の前で格好つけようとした私は
やっぱりアホだ
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。