彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
200711<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200801
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
あなたと会話をしただけなのに
まるで夢を見てたみたいな
不思議な一日になる

あなたの言葉を感じただけで
私の視界はちょっぴり高く広くなる
気がする

好きとか嫌いとかじゃないところで
あなたを必要としていたのかもしれない

今 思えば
歳のわりには変わった人だった
あなたもそうだったのかな
好きとか嫌いとかじゃないところで
必要としていたのかな

だからあんなにも
つながり つながりって
言っていたのかもしれない

私は私の道を進んで
あなたとは離れてしまったけれど
ほんとに 夢を見てたような
まぼろしのような
時間だった

あなたという人は
流れ星のように
いろんな人の目の前で 光って過ぎ去る
それを繰り返して
寂しい思いをしているのかな

それとも 光ることだけを考えてか
考えないでか
過ぎ去っていくだけの
人だったのかな
スポンサーサイト
カプチーノ
風は冷たい
冬の窓枠
オリオン座を切り取る

カプチーノ
横で寝息の
君の飲み残し
まだ温かい
かわいい顔して
横で寝息の
夜ナイト
夜ナイト
川リバー
魚フィッシュが飛ぶフライ
空スカイ 黒ブラックに
流れ星シューティングスターのようだ

見とれた 横切る 背ビレの描いた 曲線
跳ね返した月光を
刃にして俺は行くゴー
切り裂き 行くゴー
愛ラブ 夜ナイト
どこまでも
触りたく
感じる
姿 形
触りたく

甘いとか
匂いとか
感じる 姿 形 触りたく

月日とか
流れとか
リズムとか
言葉とか
声とか 温度とか 気持ちとか
目眩 恋 距離 波 音
男の子 女の子 雨ざーざー
風 季節 涙 ナイフ スカートの裾から溢れて見えた光
あの頃に戻って君に会えたら言うんだ
バスに乗ろう
バスに乗って遠くへ行こう

どこか遠く
どこへだって
君と

見て 空 雲 姿 形
感じる
笑ってしまうなー
なんだか
冬の風鈴
君をぎゅっと抱きしめたい
ぎゅっと ぎゅーっと

また 会えると思ったら
まだ 恋をしていたと思う

カサリ カサリ
葉っぱ 落ちてく
木が冬の風鈴だな

忘れそう
忘れそう

悲しくて 優しくて
もどかしくて
微笑んでしまうような 気持ちごと
ぎゅっと ぎゅっーと
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。