彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロくんと日本刀
ある朝 起きたら
枕もとに 日本刀が置かれていた
なにこれ
とりあえず 手にとる
とりあえず 抜く
とりあえず 振り回してみる
えいやー

てゆーか なにこれ
どーしたらいいの

使い道がわからないので
キッチンからすごい離れて
食パンとか切ってみた
使いにくいよ!
洗いにくいよ!

テーブルの上に置いてみた
コーヒーを飲みながら
じーっと鑑賞してみたけど
なにこれ 邪魔じゃね?
テレビの上に置いてみた
テレビ見てる時にチラチラ視界に入るね 邪魔だわ

もう ベランダに出しておこう


数日後
あ そういえば刀あったなー
と 急に思い出した
人を 切ってみよう
殺人だー

まずはお隣さん
ピンポーン すいませーん
あ こんにちわー
すかさず抜いて 右の脇から切り上げる
どばー と血と臓物がこぼれ出る
なかなか うまい具合に切れたんじゃないか?

次はお向かいさん
ピンポーン すいませーん
あらー ヒロくんどうしたん?今日休み?
ヌラリと血まみれの刀を見せるやいなや
首元に水平に切りつける
がっ と声を出したか
ぐらりと傾く首を支えようとしている
なかなか これもうまい具合に

なるほど 人の多いところに行こう
もう これ以外 使い道ねーわ

いつも野菜を買うスーパーには人がいっぱいいた
あ タイムサービスだ!今日はレタスが安かったー!
うわー と刀を振り上げながら レタスに向かう
俺を見て みんながギャーッと叫ぶ
俺はそのままレタスを切りつける こんにゃろ!こんにゃろ!
すると 俺の後ろから やめたまえー!と声が聞こえた
誰だ!

私はレタスの妖精です
せっかく育った野菜を粗末にしてはいけません

そうでした こんなことをしてはいけないな
レタスのことを思うと 申し訳なくなった
すまない 君にはいろんな調理法があるのに

さあ 腹を切りなさい
レタスの妖精は両手を上げる

俺は 返り血でドロドロになった自分の体を見て
なんだこれは 服が汚れている!と思った

さあ 腹を切りなさい

俺は 刀を構えると
レタスの妖精を見据えた

あなたを切る

いいえ あなたに私は切れません

いいや 切る

切れません

とりゃー!
[ヒロくんと日本刀]の続きを読む
スポンサーサイト
太ももが好きなんだよ
「背が高くてしっかりした太ももの人がいい」
「見た目かよ」
「中身なんてどーでもいい」
「どーでもよくはないでしょー」
「いや、どーにかなる」
「見た目はなんない?」
「低い人は高くなんないでしょ」
「あたし低いもんなー」
「しかも低さを活かせてないしな」
「なに、活かすってなによ」
「知るかよ、めんどくせー」
「あー、タバコ吸いたくなった」
「みんな細すぎんだよなー」
「女子は細くなりたいんだよ」
「もう、棒だぜ?足とか手とか」
「目指せ棒なんだよ」
「男子はそんなん望んでねーよ」
「病気みたいなもんだから」
「棒に『あたしご飯作れないんだけどー』なんて言われてみ?」
「かわいくない?」
「まぁ、棒だしなー、ってなる」
「もう棒扱いなんだ(笑)」
「太ももが好きなんだよ」
「わかったよ、改まって言わなくてもいいよ」

で、次の日
あたしは勇気をすごい出してミニスカートを穿いてみた
なんか 似合わない気がしてたんだよね
そしたらやっぱり チラチラ見るんだなー
見られるのも悪くないけど
結構 恥ずかしい!

ごめんよ キレイに見えないかもしれない
君の望む形じゃないかもしれない
まぁ 許してくれよ あたしの努力に免じて

夜 彼のやるゲームをボーっと見てたら
コントローラをぐいーっと引っ張って
あたしの横に ちょんと座ってきた
ゲームしながら じーっと画面を見ながら
すげー小さい声で ボソッと言った

「ひざまくらしてくんない?」
「は?」
「いや、いい」

横顔を見ていたら みるみる赤くなっていく
あたしは思わず吹き出した
彼なりの努力か すごい勇気を出したのかもしんない

「いいだろう、来い」
「はい、お願いします」
ミサキは子供のように 俺は大人のフリして
時間が彼を殺してしまったの
だから あたしは さよならしたの

ミサキは子供のように
手にしたギターを離さない
メジャーコードのアルペジオ
なんでこんなに安心するのかな

ミサキは子供のように
俺を笑うけど
俺は背伸びをしつづけるよ

何かに遊ばれて
何かに振り回されて
いつか殺された彼の話を聞いていた
俺は大人のフリして
マジェスティックスター
衝動

私を動かしたのは
マジェスティックスター
いつも心の中に!

確かなもの
それが輝くとき
光は 遠くの 遠くの 遠くまで届く

ああ 視界はこんなにも広い
嫌いなわけじゃないからね
俺は 餡子が食べられません
嫌いなわけじゃないよ
食べたら身体が拒否反応を起こすんです
食べなきゃわからないなんてヤだなーと思うけど

おいしそうだなー
いい匂いするなー
きっと美味しいんだろうなー

身体がそれを受け入れないなんて よっぽどだと思う
みんな大好き 餡子
ごめんよ 俺じゃダメなんだよ
おいしく食べてあげられない
だから他の人が食べて嬉しそうな顔をしてたら
俺はそれを見てるだけで満足さ

いつか なんて言わないよ
食べないことを 俺は選ぶからさ

嫌いなわけじゃないからね
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。