彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201004<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201006
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
方向転換
暗闇を
切り裂いて
一筋の
流れ星
手のひらで
受け流し
遠心力で
フワリと回る
方向転換

潔い
方向転換
スポンサーサイト
俺へ
よう 俺

そんな ちまちまと詩なんて書いてても
誰も読んでくれねーし、認めてもくれねーよ?
その時間使って 仕事の計画でも立てたらどうだい?


って言う 俺へ

死ね
おいしいものは あとに
おいしいものを後に取っておくタイプの俺は
死ぬまでに
おいしい思いを できるんだろうか

死んだ人
教えてくれないか

マズいものばかりを 食べる俺に
いつかそれを 言い訳にできる日が来るのかどうか
ファッションと本質
君の歌はファッションだ
その時の 気分だから
奥深くない
その色や 形を 気に入ってくれる人は
ファッションとして それを
着るんじゃないかな

俺の詩は 本質
色も 形も 関係ない
小さいところにフォーカスしたら
それを言葉で表現するだけ
誰も俺には気づかない
ファッションを欲しがる 寂しがり屋さ

俺の才能は ファッションで活きる
君の歌は 本質が無ければペラペラさ

一つになるのが理想だろ?
3ゲップ・ノスタルジー
3回くらい連続で
ゲップ出るときある

1回目
ビールの匂いが
鼻を通り抜ける

2回目
ビールの匂いと何か体内の匂い
この瞬間にゲップが何かを感じさせる予感する

3回目
ビールでも 体内の匂いでもない
何か 別の 匂いがする
記憶を辿ると 教室が近い
教室というか 放課後の匂い
放課後の誰もいない 教室
何かいろいろ凄いバランスで
その圧倒的に確立された存在感
めんどくさいから 記憶の云々は置いといて

4回目
無理に出した感があって
ノスタルジックでもなし
追求しようとして 失敗した感
ちょっと気にしてるコにアプローチして
そのコにそんな気がまったくなかった感
サビまで素晴らしい出来で
曲の最後で声裏返って
そこしか記憶に残らない感
今日は贅沢しようかなーって
高い酒買って
見たこともない珍しいチーズとか買って
調子に乗って女のコ呼んで
いい雰囲気で酒飲もうかなーと思ったら
見たこともない珍しいチーズが超マズくて
雰囲気ぶち壊された感
そこから女のコ 苦笑いで
何の展開もなかった感
ふざけんじゃねーよ このチーズ野郎


まあ なんつーか
瞬間は
3回目っていう 話
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。