彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201101
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の野郎が
おい この夏野郎
さっさと終わりやがれ
何ジワジワと 俺を照らしてやがんだ

熱にのぼせて 膨らんだ
子供サイズの恋心
白くてかわいい君の指先に
ぐるぐる ぐるぐる絡まって
離れないんだ 恋心
いつかこわれた風船の こぼれてしまった恋心

思い出すたび膨らんだ
大人サイズの恋心
これは勝手に膨らんで
ふわふわ ふわふわ飛んでいく
そいつをずっと 高いところへ
運んでいくのは 夏野郎
夏野郎の 風野郎

いつかの君は 今の君
俺のことを忘れてやしないか
ほんの少し 気がかりだ
忘れてしまったら そうだな
夏野郎の 風野郎
あの娘の恋の風船を
俺のところまで 運んできてはくれないか

誰にも見せたくないんだもの
あるいは 空の遠く
俺の恋の風船と こっそり繋げてくれないか
スポンサーサイト
通りすがりのメロディみたく
会いたい あの娘
せつない歌声

秋の葉っぱを踏みしめる
純真無垢なはしゃぎ方
鉄のアーチに引っかかって
残ったままの夏風
遠く 眺めた 海の向こう
丘の上の公園は 広く見渡せていいな
たくさん たくさん見渡せていいな

ラーララー

帰らなきゃいけないのは わかってんだ
少し 思っただけだよ
通りすがりのメロディみたくさ
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。