彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミラクルことば 奇跡のボキャブラリ
雑貨屋で働くK君の、好きなところベスト5。
背が高い。
靴のセンスがいい。
笑うとき、はっはーと言う。
字が超ヘタ。
まーこの4つはおまけみたいなもので、私がこれだと思った決定的なポイントがある。
それは私が口にしたくてもできなかった(理解が得られない)
あるいは言葉にしたくてもできなかった(表現できる言葉が見当たらない)
その言葉を日常会話でポンポン使うところだ。
私は初めて聞いた時、目からウロコだった。
ありえないほど、アクロバティックな言葉の繋ぎ方。
静かで広い、余白。
夢心地なバランス。
彼は普通に使っている、何でだ、そんな使い方しても誰もわからんよ?
でも私には解るそれだった。
それ以上はないというくらい的確な表現。
それ以外の言葉では無理なほど近いところの表現。
あの時以来私は雑貨屋に通っては「もしもし?あー?融資?あ~本社一括なんで~」
と無愛想に電話応対する彼を、虹色のキャンドルや象のペーパークラフト越しに
じーっと見つめたりしていた。
スタンプカードを作るとき、私の個人情報書くんだからキミのも教えなさい。
と、無理矢理聞き出したメールアドレスから、今ではご飯を食べに行く仲にまでなった。
「感覚の具合がいい」と彼が言う冬、付き合ってくださいと告白したところ
「イヤです」と断られた。
あんなに凄い表現ができるのに、他に言い方ねーのかよ。
あの言葉の使い方ができるからこそ、他のところがぶっきらぼうになるのかな。
ご飯を食べてる時も、半分くらい人の話を聴いていない。
私が思うに、私の言葉が彼の中に入った瞬間、彼の中では私の言葉と彼の中にある
奇跡のボキャブラリが繋がり合ったり、混ざり合ったりしているんじゃないだろうか。
言葉のリミックス?
もしそうだとしたら、凄い。素敵!
体が触れ合うことを想像するよりも、もっとゾクゾクする。

「K君ってさ、字超ヘタだよね、古代文字みたい」
「古代文字書いてんだよ」
「はいはい」
「俺はね、あんたと二人のときは二人だなーと思う」
「ビール残してんじゃん、おいしくないの?」
「フルーツビールは重いね、腹ってゆーか、胸に溜まる」
「私はキミのこと想ってるよ、ずっと」
「ずっとじゃなくていいよ、たまにで」
「何で?」
「たまにで大丈夫だから、あとは意識しないところで触れ合おう。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。