彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意識の狭間の話
意識の狭間の話

「あ~、あのでかいのが私の渡る橋ですか~」
「いや、違う、あれ」
「・・・・・・・あれ?!」
「あれ」
「棒じゃん!」
「今回が棒なだけですよ」
「失敗して落ちたら帰れないんでしょ?」
「ひとつ下の段に落ちるだけです」
「あのでかいの誰の橋?」
「あれは4組のミキちゃんの橋です」
「くそ~なんであんなコが・・・・」
「あのコは前回の狭間タイムで鎖の橋を渡りました」
「うわ~、あんなほんわりした顔でやる時はやるのね」
「次々回の狭間タイムではクォンタム・リープの許可が出ております」
「私?!」
「いや、ミキちゃん」
「うぉい!いいよ、もうミキちゃんの話は!」
「ではどうぞ」
「はぁ~、なんかBGMとかないの?」
「ミニマル・テクノでよろしいでしょうか?」
「心拍数上がるよ!リラックスできるジャズとかないの?」
「ご要望とあれば」
「超ご要望、誰だよ、そんなデンジャラスな楽しみ方をしてるのは」
「2組のハツ君です」
「うわ~意外だ・・・部屋で詩とか書いてるコだと思ってた・・・」
「ちなみにそのBGMでゴムベルトの橋を見事渡られました」
「や、やりますねぇ~・・・」
「では私はお先に向こう岸へ」
「やっぱり一緒に渡らないんだ」
「案内人ですから」
「・・・・・ひとつだけいい?」
「なんなりと」
「ミキちゃんの将来は?」
「日本在住、夫のカットサロンを手伝って後、趣味の書道を興じて往年の職としております」
「子供は?」
「女の子が一人」
「・・・ふーん、そっか・・・・・そっか」
「今の時点では、ですが」
「私もがんばろう」
「では規約通り、この時間の記憶は残らないものとなりますのであしからず」
「心は春さ、希望しか見えないぜ」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おもしろいんですけど!これ。

久々に覗きにきたけど、来て良かった。
2007/03/25(日) 21:36:42 | URL | リトルピンク #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。