彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タバコのような、バイブルのような、気持ちに挿んだ栞のような。
コーヒーのような、ため息のような、囁きのような。
季節のような、音楽のような。
感覚で憶えているのに思い出せない記憶のような。
懐かしい風景や、匂い、その町並みを吹き抜ける風のような。

天気。
今日は雨、明日は晴れ、朝の色、夜の色。
昼は友達の家に遊びに行って、遊んで、すぐに飽きて、また次の遊び。
また明日。
みんな帰ったあとの公園の静けさ。
鉄棒、ブランコ、滑り台。
ジャングルジムから見上げた、太陽。
いつもいつもいつも、僕らの体を突き抜けて、大地を包み込んだ光。
眩しくて、目をくらませて、その瞬間の中に、ぎゅっと詰まっていた全部。

恋のような、夢のような。
それは彼方か。
まぼろしのような、遠い、遠い。
季節のような、音楽のような。
いつだって胸の中、ひとつ、ふたつ、たくさん。
手を広げたら、ほら、微笑みとともに、溢れ出す。
今はただ、あなたに伝わればいいだけの、僕のこと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。