彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0.1秒の思い出
幼い頃のことは思い出そうとしても、なかなか思い出せない。
たくさんのいたずらをして、たくさんの冒険をして
たくさん嘘をついて、たくさん泣いた。
いろんなことをして、いろんなものを見たはずなのに
ほんとうに少しのことしか思い出せない。
友達が遊ぼうと言った。
家の裏に広い公園があった。
広い公園には大きなポプラの木が3本あった。
すべり台、鉄棒、ジャングルジム、ブランコ、ベンチ。
木でできた背もたれのないベンチ。
ベンチの上はいつも細かい砂が散らばっている。
はしゃいで子供はクツのまま上がるから。
笑って、走って、夕暮れ、休憩。
石でできたベンチ。
これも砂だらけ。
夏は熱く、冬は冷たい。
葉っぱの色より、季節を感じた。
子供の感覚はおもしろい。
100メートルかそこらの範囲を大冒険する。。
隅から隅まで、知らないことが、楽しみだった。
新しい発見が、喜びだった。
頭の中に、とても細かく、立体的な地図を作っていく。
右、左、前、後ろ。
上、下、斜め、向こうの方。
あの路地を塞いでいる、大きな石。
石の下の小さな虫。
湿った土の匂い。
廃屋に打ちつけられたベニヤ板や、折れ曲がって錆びた釘。
いたずらで割られたガラスの破片。
幽霊が出るとみんなが言った場所は
なんだかほんとにひんやりとした空気が漂っている。
濁った排水溝に迷うことなく手を突っ込んだ。
排水溝の繋がる先を覗き込んだ。
飽きることなく、砂を積み上げた。
バケツに水を入れて持っていくよ。
砂だと崩れる山もお城も、泥にしてしまえば頑丈になる。
どろどろ、ぺたぺた。
爪の間も真っ黒。
お城は渇いて風に吹かれて、さらさら、さらさら。
また、砂になった。
手を洗ったら、おやつ。
おやつ。
なんだろう、これは。
魔法の言葉。
おやつという言葉を聴けば、もーどうでもよくなる。
何がって、おやつ以外のことが(笑)
心、躍りすぎ。
余ったお菓子をビニール袋なんかに詰め込んで
友達の家。
友達に遊ぼうと言った。
友達の家は、独特の匂い。
子供の遊び、本当にくだらない。
大人の何倍も、何倍も何倍も凄い想像力で
遊びが始まって、すぐ終わる。
子供の終わりは、ほんとの終わり。
繋がることなんてなくて、でも、次の日には同じ事をする。

夜。
暗い、怖い、大きな、夜。
一人でジュースを買いに行くとき、怖くて、走った。
なるべく周りを見ないようにして、目標の自動販売機へ。
息を切らして、でも、ジュースを買うときは真剣に選ぶ。
冷たい缶を、お腹に抱えて、次の目標は家のドア。
走って、走って、怖い、空が覆い被さってくる。
夜の空にはものすごくでっかい目玉があって
その目玉大魔王にじーっと見られている気がする。
夜になると、人がいなくなったり、月が追いかけてきたり。
子供ながらに感じる「普通ではないこと」の象徴が、目玉大魔王だったのかもしれない。
身震いするほど怖いけど、いつか満天の星空を眺めて
大きく息を吸い込むその日まで、真っ黒な空に本当は興味津々だった。
すごい勢いでドアを開ければ、優しい、温かい、眠たくなるような空間。

「ただいま」

朝、昼、夜。
感覚で触れた、いろんな空間。
太陽の光。
お風呂場の窓から見えた四角い青空。
子供の頃、空はただの空だった。
白い雲、薄く千切れてゆく雲。
もくもくと盛り上がっている雲。
一面灰色の雨雲、なんだかそわそわしてくる。
雨はただの雨だった。
バシャバシャ、長ぐつ。
長ぐつを履いているのに、くつの中は雨水で満タン。
夕立の時はポプラの下に逃げ込む。
雨が葉っぱに当たってバラバラと音がする。
バラバラバラバラ、雨の粒が線になっていく。
ザーザー、ザーザー。
雨が上がると線は粒に逆戻り。
ぽつりとおでこに、ぽつりとほっぺたに。
通り過ぎていった雨雲、さよなら、バイバイ。
木はただの木だった。
太陽の光は、枝の隙間をすり抜けて地面に突き刺さる。
坂道を照らした光。
公園を渇かしてゆく光。
部屋に入り込んできた光。
カーテンをふんわりまるめて、部屋に入り込んできた風。
家はただの家だった。
金魚の入った水槽。
ガタンガタンと音のなる洗濯機。
物干し竿に、並んで干された洗濯物。
広げれば自分の体ほどもあるバスタオル。
タオルにむーっと顔を押しつけるのは気持ちがいい。
ハチが飛んでいる。
蝶々が飛んでいる。
春、庭に、たんぽぽが咲いている。
黄色くて可愛らしい。
綿毛になって、まだ知らない、遠いところへ飛んでいく。
さよなら、バイバイ、手を振った。
小さな手。
子供の手じゃ掴みきれないほどたくさんの夢。
大きなポプラの葉っぱの数ほど?
公園に散らばったキラキラの、砂の数ほど?
知らないことなら、知らない数ほど。
もっともっとたくさんの夢。
叶わないようなこともたくさんしたい。
何倍も何倍も何倍も、凄い想像力で。


振り向いてはいけない。
視界に広がる大空を眺めながら、スローモーションでいこう。
0.1秒で駆け巡るからこそ美しい、思い出。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ああ!
コメントありがとうございます!
恐縮です。

誰かに朗読してもらって、自分用のCDにしようと書いたお話です。
子供の頃の感覚、思い出せないけど、今では触れないような虫もガンガン触ってましたから、きっと凄いものだったんでしょう。

好きな音楽を聴く時くらいは、それくらい貪欲に純粋に、聴いていたいものです。

ライヴ、楽しみにしてます。
2007/06/02(土) 16:00:47 | URL | キスキス #hf01FR2g[ 編集]
想い出しました
子供の頃は一日がとーっても長かったですね。いろんなことを想い出しました。
2007/05/31(木) 19:15:30 | URL | jazzbone #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。