彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちはや
「店長ってめがねフェチなんですか?」
「なんで?」
「だってラブドの店長さん、飲みに誘ったって・・・」
「それだけでなんで、めがねフェチになるんだよ」
「ラブドの店長さんめがねかけてるもん」
「めがねと飲みに誘うのは関係ないだろ」
「そうですよね、行かないですよね?」
「いやいや、なんで行かないことになるんだよ」
「行くんですか?」
「わかんないけど、ラブド今忙しいみたいだし」
「そうですよ、ダメですよ、きっと」
「あはは、なんだよ」
「社交辞令ってやつですか?」
「まあねー」
「ホワイト・スタイルの店長さんは誘わないんですか?」
「あそこの店長、男じゃん、店遠いし」
「うそ!あの人じゃないんですか?ミニスカートの・・・」
「あれバイトだよ、店長っぽいよね、確かに」
「うわー、知らなかった」
「店長の方がバイトっぽいよね(笑)」
「あたし店長さん見たことないかも」
「週末出てるよ、曜日かぶらないんでしょ」
「うん、あたし月木だもん」
「うん」
「だから週末は空いてるんですよ」
「うん」
「・・・・・・・・」
「・・・・・・ん?」
「はぁ~、あたしもメガネかけよっかな」
「お前カレシいるじゃん」
「店長と飲みに行けるならカレシと別れてもいいです」
「あはは、なんだそれ」
「飲みに行くくらいいいじゃないですか~」
「俺、めんどくせーのダメなんだよ」
「・・・・うわー、何ですかその断り方は」
「言ったろ」
「知ってましたけど、ほんとにそうなんですね」
「うん」
「傷つけるとか、傷つけないとか、考えないんですか」
「俺なりの配慮だよ、ズルズルしないってのが」
「くそー、ラブドの店長さんに言ってやる」
「何を」
「あることないこと、FAXで(笑)」
「でもみんなどーやって伝えたらいいかで悩むのに、お前は素直だよな」
「表現するのが、好きなんです」
「へぇ、アーティストじゃん」
「しなきゃ、嘘なんです、あたしの中で」
「なんだ、意外と真面目だな」
「だから体が勝手に」
「好きな気持ちを表現するアーティストか、何て名づけよう?」
「ちはや」
「お前の名前じゃん」
「だから、あたしのこと呼ぶときは、お前じゃなくて、そう呼んでください」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。