彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去と事実
「消したい過去消したら、俺過去なくなっちゃうよ」
「(笑)」
「消したい過去の積み重ねさ」
「消したくない過去はないの?」
「ないね」
「あたしあるよ、高校んときの恋」
「よかったの?」
「超よかった」
「何が」
「あたしの、のめり込み具合が」
「相手関係ないじゃん」
「ないよ、顔も忘れたし」
「お前、のめり込むタイプだよなー、病的だよ、マジで」
「捨て身になんないと」
「なんないと、何だよ」
「つまんない」
「俺、傷つくのヤだもん」
「あたしは傷つきたいんだよ、傷つかない恋なんてクソだね、あんたクソだよ」
「(笑)」
「時間よもどれ~」
「今、お前とこんなどーでもいい話してることも後で振り返ったら消したい過去だよ」
「言うね」
「早く帰れよ」
「やだ、プレステ3やるまで帰んない」
「嘘つけ、泊まる気だろうが」
「あ、わかります?」
「顔でわかんだよ」

時間は戻らない これが事実
過去は消えない これも事実
だからどうやって生きるとか そんなことは勝手にしやがれ
俺は お前の表情でわかる それが事実

時間は過ぎていく これが事実
忘れる過去がある これも事実
だからできるだけ深く あなたと関わり合いたい
忘れたくない過去にしたい それが事実
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。