彩のイメージ
  詩を書いたり曲を書いたりしてます。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意思も力も
どうして、あの時「行かないでほしい」と、心から素直に言えなかったんだろう。

それさえ言えれば、素直な気持ちは、あとからあとから出てきたのに。
それさえ言えれば。
その時、私は、たくさん考えたフリをして、その場しのぎのきれいごとを言った。
あるいは強がり。
今思えば、意思も力も彼を繋ぎ止めるものは
私が伝えられなかった言葉たちの中にこそあったのかもしれない。
その時はむしろ、彼のせいにさえした。

例えば後悔しているとして、私は後悔していないと、していないことにしている。
間違いだったと認めたくないし、私の意見を正当化したい。

だから彼は久しぶりに会ったとき、とても優しくて、とても淋しそうな顔をしていた。
私だって淋しかった、ほんとに淋しかったんだもん。

いつだって風のざわめきは心の炎を小さくしてしまう。
私はまた、それさえも理由にして、素直になれないんだよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
je-pu-pu 無料カウンタ 
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。